忍者ブログ

初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ

日本の投資家を応援します!mt4のインジケーター配布、ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、atr、チャネルラインなど 勝つ為の手法を紹介しています。                                当サイトをお探しの場合は「初心者流」で検索して下さい。

   

[MT4] 高性能チャートソフト MetaTrader を使って指標を見よう! その1

[MT4] とは・・高機能チャートソフト MetaTrader の事です。

皆さんはどのようなチャートソフトを使って指標を確認していますか?

FX業者のHPについているチャートも、中には優秀なものはありますが、
基本的に限られた指標しか見れないものが大半です。
多分、あなたの使っているチャートソフトもFX業者が用意したものであれば、
残念ながらそれは、貧弱な装備のチャートソフトの可能性が大です。
すぐにMetaTraderなどのチャート専用ソフトに切り替えましょう。

FXは情報が勝負です。

少ない情報で取引に望むという事は、「勝負する前から不利な条件で戦っている」と思ってください。
要因が何であれ、勝負の世界は結果が全てです。
不利な条件で勝負するのは、トレーダーが最も避けねばならない事なのです。

[お願い] 最後まで読まれる方は、ぜひ応援クリックを3ポチ、お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX 学生投資家へ  人気ブログランキングへ  ブログ為替レート 
いつも、ありがとうございます。


例えば、大きなネガティブ材料のニュースが流れたとします。
あなたはテクニカルだけを元に取引しており、
急に流れが変わった事に気づかなかったとします。

ここで、「前回の安値は100円」だから、これを超えてくると一気に動意付くかもしれない、
という情報を持っていれば、買いで持っていたポジションに対し
99円台にストップを入れ、暴落に備えておくことが出来ます。
(※99円台は一例です。実際のストップはATRで算出することをお勧めします)

ATR算出については過去の記事を参照してください。
http://bpm130.blog.shinobi.jp/Entry/3/

上記の例で言うと、ニュースもチェックしなければならないような気になりますが、
そこは取引スタイルによって選定してください。

勿論情報は多いほうが良いのですが、
評価の難しい情報を手にしてしまうと取引方針に混乱が生じます。
「経済指標は悪かったのに、レートは上昇していった。なぜだ!?」と。
逆に進むような要因は色々ありますが、要因となったモトを考えたり、常に最新のニュースを探し回るのは
FXの専業トレーダーでも厳しいのが現実でしょう。

その点、テクニカル分析ではシグナルで明確に今後どうなるのかを示唆してくれますので、
受け取りの解釈が難しいニュースよりも、簡単に的確な取引の判断を行えるのが利点です。

そのテクニカル分析をサポートしてくれるのが、MetaTrader(MT4)という無料で高性能なソフトです。

人気ブログランキングへ

拍手[1回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

forcings mean power external early

mean larger increasing simulations page beta increase albedo

プロフィール

あなたのFXにテクニカル革命を。
HN:
guevaraFX
職業:
大学生 x IT系会社員 x FXトレーダー
自己紹介:
大学の学費をFXで稼ぎつつ、会社員してまっす。


勝率5%UPのメルマガを発行しております。
FXの勝率を今より5%UPさせたい方は今すぐ、ご登録下さい♪

ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、ATR、チャネル、一目を使用、順張りを基本にやってます。

よく鼻血出してます。

連絡先:guevaraFX★live.jp
(★を@に変えて下さい)

はてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

参考FX情報サイト

スワップ金利なら
FXの基本的な情報は
ここから探し始めると良いです。
by guevaraFX

閲覧中

ブログ内検索

Copyright ©  -- 初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]