忍者ブログ

初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ

日本の投資家を応援します!mt4のインジケーター配布、ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、atr、チャネルラインなど 勝つ為の手法を紹介しています。                                当サイトをお探しの場合は「初心者流」で検索して下さい。

   
カテゴリー「全般」の記事一覧

2011年 FX注目したいポイント

けましておめでとうございます。
 昨年は乱文、長文をお読み頂き、ありがとうございました。 
 拙いブログですが、今年も引き続き「初心者流!」をよろしくお願いいたします。


 兎年にちなみ、今年は皆様のトレーディングが 
 飛躍できる年であるよう願っております。




昨年は、当ブログで主に取引しているクロス円
ドル円、ユーロ円、ポンド円などを週足で見てみると、
ボラティリティが低く、ダラダラ~っと下げていった一年でした。


2011年の為替相場はどうなるのでしょうか?
まずは注目したいポイントから。
2011-fx.jpg














今年注目したいのは、各通貨が昨年の最安値を更新するか否かです。


時間足などではだいぶ上昇も見られますが、

月足、週足といったロングスパンで見ていくと
まだまだ下落トレンドの真っ只中です。

週足でトレンドラインを引いていくと、上昇しているように見えている箇所も
下落中の戻りでしかない事に気づきます。

最安値を割った場合、更なる下落トレンドが継続する可能性が高まります。
例えばドル円で言えば1ドル=70円台に突入する可能性が出てきています。


FXに限らず、投資の基本は順張りだと思います。
為替トレンドの方向性を確認するには
ロングスパンでトレンドラインを引いてやる必要があります。

取引を始める前には必ず
まずは月足、週足で重要なポイントに差し掛かっていないか、
これを真っ先に確認しておきましょう。



各国の政策や金利もチェックしておくと、ロングスパンでどうなりそうか
トレンドの方向を把握することが出来ます。
特にアメリカのFOMCや欧州のECBなどは要チェックです。


それでは今年もよろしくお願いいたします!

 

拍手[2回]

PR

FXの税制が変わりますよ。

 

店頭取引FXにも税制優遇!一律20%の分離課税、適用へ!(予定)

 


為替侍さんのところに詳細は書いてありますが、

>取引所取引と店頭取引の税制ルールが一本化されました。
>つまり、店頭取引FXも一律20%の分離課税が適用されます。

>今までの税制ルールは
>取引所取引は分離課税で、税率は一律20%。
>これに対し、店頭取引FXは総合課税で、最大50%。

ただし、税制ルールは 2012年1月からの適用です。
先走らないように・・・。


まあ来年一年で手法研究して、再来年は爆勝ち狙いましょうって事ですね。


詳細(続き)はこちらデス
http://kawase1214.blog27.fc2.com/blog-entry-3569.html

マイコミ
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/17/025/



少額でできる1000通貨取引は、伊藤忠グループ・FXプライム 

拍手[2回]

昨夜の分析は正解。 ドル円、豪ドル円

一つ前の記事の予想通り、


12月8日(水) 12:58現在、
レートは以下のようになっています。



注目して欲しいのは、ドル円、豪ドル円です。






前回記事でお伝えしたのは・・・
>ドル/円は83.00台に乗ってしまえば強いですが、
>豪ドル/円は82.30を突破しても82.50や82.60に売り注文のピークがある為、
>すぐには伸びないでしょう。




ということでしたね。



ドル円に関しては83円台に乗っていますが、豪ドル円は
まだ、売り注文の手前で足踏みしているので、上抜けしずらそうにしています。


ドル円がどこまで上がるかによって、豪ドル円の今後の展開もかなりの影響を受けるでしょう。
ドル円の天井に注目です。



当blogで一番読まれている記事はこれ
http://bpm130.blog.shinobi.jp/Entry/11/


証拠金定額のFXならマネーパートナーズ

拍手[1回]

夜の注文状況(ドル/円&豪ドル/円:12/07/18:30)

 
2010年12月 7日(火)18:40ごろの注文状況

(株)外為どっとコム提供

ドル/円は83.00円の節目よりも82.95円の方が売り注文が多くなっています。一方買いは81.40円が目立ちます。豪ドル/円は82.30円のほか、82.50円より上では10銭刻みで売り注文が控えており、その中でも82.50円の多さがひときわ目立ちます。買いは豪準備銀行(RBA)政策金利は票後から欧州市場にかけて豪ドル/円が上昇した直後のため、82円前半から81円後半での買い注文は少なく、81.80円より下で散見されます。 (外為どっとコム総研)


上記を考慮すると、ドル/円は83.00台に乗ってしまえば強いですが、
豪ドル/円は82.30を突破しても82.50や82.60に売り注文のピークがある為、
すぐには伸びないでしょう。


当blogで一番読まれている記事はこれ
http://bpm130.blog.shinobi.jp/Entry/11/


証拠金定額のFXならマネーパートナーズ

拍手[1回]

手堅く決済・近況    DMM FX 使用感

いつも見ていただきありがとうございます。
働く大学生guevaraです。

このところ仕事が忙しいため、しばらくはゆっくり更新していきたいと思います。
取引量も落ちていますが、リスクを少なくし、できるだけ確実に勝つ方針は変わらずに行きたいと思います。

さて、前回記事にて仕込んだドル円 x5枚、90.35は宣言どおり、翌日に手堅く3枚を90.95にて決済しました。
残り2枚は様子を見て3日ほど伸ばし、91.95にて決済しました。


9/14:[ドル円 x5枚、90.35 買い]の結果

最初の3枚分
+180pips

残りの2枚分
+320pips


一つ一つ記事には出来ないのですが、9/17~9/30の間
最近ハマっている
「+10pips狙いの手動トラップリピートイフダン」をドル円・ユーロ円・ポンド円で繰り返していました。

結果は、
37回成功、2回失敗で損切り(ルール:節目を下回るか、-50pipsで損切り)し、
+287pipsを獲得できました。

一日2回ほど手堅い注文を出せばいいので、正直気が楽です。


手動トラップリピートイフダン
については少しずつ、勝てる秘訣がわかって来ましたので
そのうち記事にまとめられたら良いな~と思っています。

基本的なやり方は、
ドル円、ユーロ円、ポンド円のバランスを見て、乱れている通貨に対して鞘取りを行うだけです。
私はそれにパッと見テクニカルを見て、予想した方向に行くかどうかの確認を追加しているだけです。

-------

前回記事以降、口座開設を行ったDMM FXですが、最強のスペックです。
スプレッドが狭い業者なので、危惧していた約定スピードについてですが、
非常に早く、クリックした瞬間に約定します。
さらに10/31まで、ドル円スプレッド0.5pipほか、全通貨、超狭いスプレッド設定になっています。

ただし、まだ確定ではないのですがちょっと気になるところもあります。
確信がもてないので記事には書きませんが問題点があるかもしれません。

ですが、表面上のスペックでは最強間違いなしなので、口座は開設しておいて損はないでしょう。
チャートやニュースなどのインターフェースやシステムも間違いなく最新鋭だと思います。
(この辺りは実際にログインしてみればわかると思います)

いまや中学生の人気トレーダーもいるんですね。
http://fx.blogmura.com/fxstudenttrader/

拍手[1回]

マーケットニュースと要人発言はテクニカルに使えるか?

さて、前回の更新時にちょっとだけ触れた
「要人発言」についてです。

まずはひまわり証券のマーケットニュースを見てみましょう。
http://fx.himawari-group.co.jp/report/marketnews.html

すると、色々な人の発言が書かれていますね。
その中でも特に以下のような発信元の情報は動意付きやすいと思います。



・ユンカー (ユーログループ議長)

「ユーロの上昇は経済の回復を妨げる」




・バーナンキ  FRB(連邦準備銀行)議長





・ホワイトハウス
(オバマ)

・~~連銀総裁



これは単純に影響力の問題です。
なお、日銀の発言は残念ながらあまり影響力がありません(笑)
日本の金利が変わると影響を受けるのは
スワップ派と呼ばれる人たちくらいのものです。
このスワップ派についてもそのうち記事を書いてみたいと思います。

スワップ派は仕掛けのタイミング次第では、
最も安全に資金を増やすことが出来る取引スタイルだと思っています。
私は現在南アランドに少し、手を出しています。
現在の水準ですと一日のSWAPは300円程度ですが、月にすれば1万近くになります。
またいづれSWAPの記事でも書いてみたいと思います。

さて、話を戻し
タイトルの「マーケットニュースと要人発言はテクニカルに使えるか?」ですが、
一般的に考えれば、この2つはファンダメンタルズに属するものです。

ではなぜ、テクニカル中心の当blogで取り上げたかといえば、
マーケットニュースと要人発言は強力なトレンドを形成する要因となりうるからです。

上がるか下がるか、まではわからなくても、トレンドが出るかもしれない時間帯に注意することは出来ます。

また、一般的なテクニカル手法というのは、Aという指標がこれ位の値になった、
なおかつBという指標がこれくらいになった。
だから今の相場はこんな状態にある、という事を分析し、それに基づいて取引を行う手法です。

ただ、テクニカル分析は過去と現状を把握するのは得意ですが、
先を予測するのが苦手、という弱点があります。


それを補うのがファンダメンタルズに属する、「要人発言」であり、「マーケットニュース」なのです。

サプライズ的にネガティブな材料が出た場合などは売りへ一気に傾きますし、その逆もあります。
この時、テクニカル分析だけでは22時過ぎの時点で実際に相場が動くまで何も情報がありませんが、
先にちょろっとチェックしておくだけで
何時ごろ動き出しそうか?を知っておくことが出来る為、その時間帯に
テクニカル分析を重点的に行うことにより勝率を上げることが可能になります。

また、予定のない要人発言の場合でも、
要人発言は何らかの意図を含んだものが多いため、
相場の今後の見通しがなんとなく、わかってしまう可能性があります。

例を挙げると、
ユンカー・ユーログループ議長が
05/23 03:23に
「ユーロの上昇は経済の回復を妨げる。景気回復にはまだ道のり遠い。
更なるユーロの上昇、経済ファンダメンタルズに沿ったものとは思わない。」
という声明を出しています。
この発言を受けて、あくまで一時的に、ですがユーロの上値が重くなることは容易に予想できます。

テクニカル的に見て、ドルがそろそろ上昇の気配を見せている事と
ユーロの上値がこの発言により抑えられている為、
来週のユーロ/ドルは下がる可能性が高いかもしれない。

といった事を踏まえたうえでユーロ/ドルのテクニカル分析を行ってみて、
やはりテクニカル的にも「売り」が正しいとなればこれは高い確率で「売り」が正解になるでしょう。
(私は一時的には、下がると予想しています)

現在のユーロ/ドル (ひまわり証券)
1.3991-03

さて、来週どうなるか楽しみですね。



****************************
主要マーケットプライス
05/23(土) 07:00 更新
ドル/円
94.74-86
ユーロ/円
132.62-74
イギリスポンド/円
150.76-00
オーストラリアドル/円
74.12-28
ニュージーランドドル/円
58.64-82
*****************************

↓学生専用ランキングに参入しました。応援お願いしまっす。
にほんブログ村 為替ブログ FX 学生投資家へ
にほんブログ村


FX 
 ↑ドル/円1pips固定で、なんと約定が0.18秒らしい・・!
スキャルピング に使えるかも。
⇒口座開設してみました。良かったらメイン口座をこっちに移してみる予定です。
タグ:FX FX テクニカル ファンダメンタルズ 要人発言 マーケット 市場 ユーロ ドル 売り 買い スワップSWAP

拍手[1回]

プロフィール

あなたのFXにテクニカル革命を。
HN:
guevaraFX
職業:
大学生 x IT系会社員 x FXトレーダー
自己紹介:
大学の学費をFXで稼ぎつつ、会社員してまっす。


勝率5%UPのメルマガを発行しております。
FXの勝率を今より5%UPさせたい方は今すぐ、ご登録下さい♪

ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、ATR、チャネル、一目を使用、順張りを基本にやってます。

よく鼻血出してます。

連絡先:guevaraFX★live.jp
(★を@に変えて下さい)

はてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

参考FX情報サイト

スワップ金利なら
FXの基本的な情報は
ここから探し始めると良いです。
by guevaraFX

閲覧中

ブログ内検索

Copyright ©  -- 初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]