忍者ブログ

初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ

日本の投資家を応援します!mt4のインジケーター配布、ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、atr、チャネルラインなど 勝つ為の手法を紹介しています。                                当サイトをお探しの場合は「初心者流」で検索して下さい。

   
カテゴリー「基本手法」の記事一覧

ある兆候⇒ 100円割れトライに乗じて売り。ドル円


前回の記事の後、100.15でロングをエントリー。

103.25で利益確定(+310pips)後、

しばらく様子見をしていると


日足のトレンドラインにある兆候が!

5/28.29に 102.5 付近で頭打ちのダブルトップの形です。

ぱっと見テクニカルで確認しても下がる気配を見せています。

勘だと、まだ104.9円まで上がる気がしており、

買いごろかな~?思っていたのですが

ここはトレンドライントぱっと見テクニカルを信じて・・・売ります!


102.3でショートポジションエントリー。

その後、見る見るうちに下がっていき、5/30の安値は100.47をつけました。
でもまだ利益確定しません。


どのタイミングかわかりませんが

私は、必ず「調整で100円割れトライ」が一回はある

と踏んでいたので100.1付近にポジションの半分の
エグジットを置いて売り続行中です。

もし、これで100円を割ってしまった場合、

そのまま勢いがついて99.15~98.75くらいまで落ちてもおかしく無いチャートの形です。

そこまで行けば非常に美味しい展開です。


100円というのはドル円にとって、とても大きな節目です。

100円を意識した取引は、上手く立ち回れば勝利が非常に高いです。
(実際にguevaraはそうなっています)

必ず一回は100円をトライするので、いつもより大目の枚数で100円トライの波へ向かってショートを仕掛けましょう。


◆guevara式エントリー

具体的には、まだ 「100円を割るかどうかは分からない」ので

100.15くらいで利益確定することを目標とすることです。

ですから、100.45くらいで大量に売りをいれ

とっとと100.15~100.05くらいで利益確定するのが望ましいでしょう。



※注意点としては一度100円トライしてしまえば2回目のトライがあるかどうかは分かりません。

1回目のトライをとるのがが肝心です。

遅れてエントリーしても遅いので、取り逃がさないようにしましょう。

また、確度をあげるためにもフィルターとして、必ずぱっと見テクニカルを併用してください。
これでタイミングを計り、出来るだけ高値で売って
100.1付近で利益確定を狙います。


ぱっと見テクニカルはFXプライムの口座を開設すると誰でも使える最強の無料ツールです。
私の周りの勝っている人は皆使っています。
使い方は口座を開設すると分かりますが、もし分からない場合はメールして下さい。

ぱっと見テクニカルを使いたい方はこちら

拍手[3回]

PR

ついに95円突破!99円まで行くのは時間の問題ですね。


guevaraは取り急ぎ95円台で買いを入れました。

トレンドラインとぱっと見テクニカルによると101円までは上がるでしょうが、
心理的抵抗線により99円までで利益確定しておくのが良いでしょう。

99円に行くまでに何度か揉むでしょうから、
それまでに形成されたレンジで
何度か往復で取引し利食いしながら上げていくかストレートで
99円まで上がるのを待ち利食いするか迷っているところです。

とりあえず、勝率が安定しない方は
ぱっと見テクニカルで方向性を細かくチェックするのは必須です。

FXプライムで「ぱっと見テクニカル」を利用する。



スプレッドでDMMもいいですが、スキャル以外にメリットがないので
現状はやはりFXプライムを最優先で推奨します。

状況が変わればまた変更があるかもしれませんが
ここ1~2年はFXプライム最強の状態が続いています。

どれくらい安くエントリーできるかが腕の見せ所ですね。93~95円付近で買いでしょうか。
いずれにせよ、少し時間はかかりますが99円までは確実に行くでしょう。

備えておいて下さい。 guevara




FXプライム[ぱっと見テクニカル]
 この記事では、ぱっと見テクニカルを使い予想しました。
  









拍手[4回]

【アベノミクス万歳】やっぱドル円は簡単。勝つ方法。

guevaraです。久々に更新いたします。

安倍政権発足以来、随分適当にトレードしているが、
長期間にわたり、簡単に勝てすぎて拍子抜け状態・・・。
安く買って放っておけば、200pipsくらいすぐにとれる状態が続いていました。

アベノミクス万歳ですね。

相場観が鈍りそうで怖いくらいです。。皆さんはどうですか?

画像を見てもらえれば分かるとおり、81円くらいからずーっとレンジ内で規則的に上昇を続けている状態。
乱暴な言い方をすれば正直、サルでも勝てる状態だったと思います。

下がったら買う、上がったら売る、それだけ。
ここで負けてる人は一体どんな人なのか?
もし、あなたが負けているとしたら、下の画像を参考にして下さい。

5262ffa1.JPG











これを見れば、どう張れば勝てたか?容易に予想がつくと思います。

guevaraは最近はもう大好きだったボリバンも封印し、
ひたすらトレンドラインをメインにして勝負してます。

手間なく勝てちゃうし、暇すぎるトレードです。

あとは、ぱっと見テクニカルで方向性みながらエントリータイミング計ったりするくらいですかね。
これはマジ使えます。

で、ここ数日はATRを参考に・・・ちょっと動きが鈍ってきたので50pipsづつ戻り売り・買いしてます。

単純な相場がずーッと続いていますので、ひたすらトレンドライン引く練習してください。

あとは大事なのは前回の記事でも書きましたが、
「資金管理」をしっかりして資金を守ること!これだけは絶対ですね。

どのインジケーターで勝負するか?よりよっぽど大事だったりします。

これね!

⇒ 面倒な取引記録をスマート化する「資金管理手法」で、勝率大幅アップ!

最近本当に思うのは、勝ってる人たちって
すんごいシンプルにトレードしてるんじゃないかって事。。


MT4とかバリバリにカスタムして色んなシグナルの環境で
トレードするのもすごく楽しいんだけど、正直疲れてしまう時も。(ありませんか?)

簡単な相場は、トレンドライン
ぱっと見テクニカルだけあれば、大抵こと足りる気がします。


ぼくら凡人と、トレードの達人の違い・・・取引がシンプルなのは分かったけど
何が違うかって引き際が鮮やかなわけですよ。


絶対に大負けしないのね。なぜならいつも・・・

利益が出たときに、次に来る損失の分を

あらかじめその利益の中から

捻出しているので、損する準備が整っている、という状態。


↑これ重要ですね。知り合いの達人トレーダーが「一番大事な事」として教えてくれました。


これが出来るようになると、損切が怖くない!


だってマイナスが織り込み済みだから。躊躇なく損切れる。




なるほど~と思った方、でも具体的にどうしたら良いか。

この記事を読んで下さい。

⇒ 面倒な取引記録をスマート化する「資金管理手法」で、勝率大幅アップ!


「読む時間ないよ!」っていうせっかちな方に
四行でお伝えしますよ。


【やったら確実に勝率が上がること】
1、資金管理手法という方法がある。
2、簡単に言えば、「勝ちトレードと負けトレードの分析」をきちんと行うって事。そんだけ。
3、でも、面倒で皆やらないから、やると凄く有利。実はそれを自動でやってくれるツールが存在する。
4、それがFXプライムの口座を作ると無料で使えるから利用しましょうって事。


FXプライムってのはFX業者です。ツール利用料も無料。フリー万歳!

これやると、過去のトレードがどうだったか明らかになるから
利益の中からどれくらい、損切り費用をキープしておけば良いか分かる。

目安は利益の半分~3分の1くらいを次回の損切り分として取っておければいいかな、と。

シグナル配信とか有料サービスより
MT4とか、こういうFX業者がタダで出してる無料ツール使ったほうがよっぽどいい場合も多いです。

最初の方のチャートのキャプチャ画像なんかも実はDMMのチャート。
これもフリーで使える。
ブラウザで軽いし、トレンドラインで取引するには優秀だから使ってます。


FXプライムで「ぱっと見テクニカル」と、「勝ちパターン分析」を利用する。


結局FXでも勝ち組な人たちは、
行動が早いってのとトライ&エラーの数が半端じゃないんで
試しにやってみる習慣をつけてみてください。

 - guevara -


 

拍手[2回]

【手法】 ポジション比率参考売買

● ポジション比率売買手法


最近は市場参加者のポジション比率を参考にした手法で、
安定して取れるようになってきたので紹介したいと思います。


手順①
ポジション比率を確認し、一方に比率が偏った通貨ペアを探す。
⇒無ければ終了。
あれば手順②へ

手順②
指標発表などの値動きの要因が少ない時間帯を狙って、参加比率の多いポジションを取る。
あまり長く持ちすぎるとHFが一気に参入してきた時に狩られてしまうので、
出来るだけ短時間(数時間以内)で利益確定させるようにする。

注意
基本的に市場参加者のポジション比率どおりに値は動きますが、
HF(ヘッジファンド)が一般の市場参加者を巻き込んでの売買を仕掛けてくる事があります。
HFの攻撃をまともに食らわないようにストップロスを入れるなど注意してください。



慣れてくればHF側に回って短時間で爆益も可能かもしれません。
その手法については、現在研究中です。

==============================
6/2 12:00現在の市場のポジション比率です。
==============================

 ドル円 
売り13% 買い87%

ユーロ円 
売り41% 買い59%

ポンド円
売り22% 買い78%

ユーロドル
売り74% 買い26%


今のところ、ドル円、ポンド円あたりが狙い目でしょう。



拍手[3回]

美しきトレンドライン(Trend line)


回はトレンドライン(Trend line)について。
FXにおいて最も簡単で、それでいて最も奥が深いと言われているのがトレンドラインです。
美しく引けたトレンドラインにはなんとも言えない魅力がありますよね。

そもそもトレンドラインって何よ?
 って人は今回の記事を読む前に下記を参照して下さい。
トレンドラインの引き方




さて、下記の画像は先ほど撮影したEUR/JPYの1時間足にトレンドラインを引いてみたものです。
DMM.comのチャートを使用しています)

クリックで拡大

なにか見えてくるものがありますか?






有効なラインを探せ
トレンドラインを引くときに注意したいのは、そのラインが本当に有効なラインかどうかですが、
こればっかりは確実なラインなどありません。
ただし、重要性が高いかどうかの判断は出来ます。

判断基準は「線がいくつ重要なポイントに接しているか」です。

基本的に頂点が2つあればトレンドラインは引けます。
ただし、それがその先で機能するかどうかはわかりません。
個人的には、接している点が3点以上あれば重要なラインである確率が高いと思います。
(水平線であれば1つでもポイントになりえます)

もう一度先ほどの画像を見てください。
例えば、最も左上から引いた線は、去年(2010年)の12/22頃のものですが、
つい数日前(1/5~1/7)まで機能していました。
ピタっと正確に接しているポイントが5つありますので探してみてください。






荒れた相場でもトレンドラインが引ければ大丈夫
美しいトレンドラインが描ければ、相場は安定しているといえます。
ボラティリティが多少高かろうとトレンドラインの中であれば、それは予想の範囲でしかありません。
イメージは「お釈迦様の手の平の上の孫悟空」のような感じです。

どうにもトレンドラインが引きづらい時は、一旦エントリーを見送りましょう。






推奨するエントリー方法
guevaraFXが推奨するエントリー方法は以下の通りです。

①反発狙い
描いたトレンドラインにチャートが接近したら、反発狙いの注文を入れます。
このとき、ラインを超えた反対側にストップをおきます。
(どのくらい超えたらストップに掛かるようにするかは難しいところですが・・)

指値のポイントは必ず、利食い(リミット)と損切り(ストップ)のポイントの比率(リスクリワード)が
利の方が大きくなるように設定してください。


②抜けた後から、反発狙い
描いたトレンドラインをチャートが反対側に抜けていったら、一旦待ちます。
その足が確定するまで待ち、完全に抜けていったことを確認します。

その後、一旦抜けた方向へ動きますが、かなりの高確率でトレンドラインにもう一度戻ってタッチします。
そこで始めて抜けた方向へエントリーします。

トレンドラインは一度抜けると逆の性質に変わります。
サポートとして機能していたラインは、レジスタンスに変わります。







トレンドラインを引くということ
トレンドラインを引く作業は、配置されたローソク足から直線を探すパズルのようなものです。
正確なラインが引けるようになると勝てますし、
美しいトレンドラインを引けた時には、楽しみさえ生まれてきます。

時間のない人の取引には、長めの時間足で
トレンドラインを引いて指値で取引することをオススメします。






以下、余談
トレンドラインの引き方は、人によってかなり差があるといいます。。
ローソク足でいえば、ヒゲを含めないで引く人もいますし、含める人もいます。
またローソク足以外のテクニカル自体にラインを引く人もいます。
(テクニカル指標のダイバージェンス(逆行)を探す際にはラインを引くのが有効とされています)

20世紀前半に活躍した著名な相場師ギャンも独自のライン手法を持っていたようです。

参考URL:
http://www.wakaru-fx.jp/fxbasic/jissen/tec03.html




何かが見えてくるまでじっくり見てみましょう。


見やすいチャートはDMM.com

拍手[3回]

2011年、FX会社の「マリー」に規制が入る?

2011年の金融庁のFX(為替)に対する措置では、
レバレッジ規制が既に決定されていますが、
ここへ来て更なる規制が行われる可能性が出て来ました。

FX会社の行っていたマリーに対し、
金融庁が規制する動きがあるとの噂が飛び交っています。

マリーとは・・・
FX業界では現在ほぼ全てのFX業者が行っていると言われている、
リスクヘッジ(というと聞こえはいいですが)行為です。
(やっていることは競馬のノミ屋と似たようなものですかね)


ノミ屋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%9F%E5%B1%8B
志村けん、なにやってたんだろうか・・・。

具体的には買い注文に対し売り注文で相殺し、
実際にカバー先へ発注するのは相殺しきれない分だけ、
というのがマリーに当ります。

実際にFX会社に対し投資家が発注した注文が
インターバンク(やカバー先)には届かず、FX会社の中で逆の注文を出した客との間で相殺されます。


すると、あら不思議。

例えば、「買い注文10」に対し「売り注文8」であれば、インターバンクに出す注文は
あふれた「買い注文2」だけ、という事になります。

このとき、8ずつ(合計16)の売買の手数料(スプレッド)は丸々FX会社の儲けとなります。


この行為(マリー)が良いものか悪いものかは別として
これが規制されるとFX業界はどうなってしまうか?
それをちょっと考えてみましょう。






マリーが規制されると・・・

簡単に言えば次のような流れが予想されます。

FX会社が手数料を稼げなくなる⇒
資金繰りに困り廃業になるFX会社が出てくる可能性が高くなる。

資金繰りに困る⇒
取引のスプレッドが広がったり、
キャッシュバックなどのキャンペーンが減ったり、
なくなってしまうかもしれません。



前年のレバレッジ規制前と、レバレッジ規制後では
FX会社のキャッシュバックキャンペーンが
劇的に減ってしまったのは記憶に新しいと思います。

次のレバレッジ規制後も更に厳しくなりますし、
マリーまで規制される事になれば
簡単な条件でとれるキャッシュバックは
2011年初頭の今がラストチャンスかもしれません。



以下は現時点で簡単にもらえるキャッシュバックキャンペーンの紹介です。


マネーパートナーズ(通称:マネパ)


キャッシュバック金額 2000円
キャッシュバック取得条件
・キャンペーン期間中(2011年1月3日(月)~2011年3月1日(火)まで)
・1回以上の取引 ※既に口座開設済みの方でもOKと良心的です(もちろん新規開設も可)
・条件を満たせば自動的にキャンペーン対象になり、面倒な申請は不要
・金額は小さいものの、最も楽な条件。初心者向き




ひまわりFX

キャッシュバック金額 5000円
キャッシュバック取得条件
 ・新規口座開設
・10万通貨以上の取引(1万通貨のポジションを新規→決済した場合、2万通貨分としてカウント)
・口座開設した翌月末日まで
・条件を満たせば自動的にキャンペーン対象になり、面倒な申請は不要




セントラル短資FX


キャッシュバック金額 5000円
キャッシュバック取得条件

・取引画面からの申込みが必要
・新規口座開設
・10回以上の取引
(1万通貨のポジションを新規→決済した場合、2万通貨分としてカウント)
・2011/2/17 NYクローズまで口座に残高が残っている事
・取引画面内から申し込みが必要


規制でFX業界に不況の波が押し寄せてくる前に、
狙えるキャッシュバックは全て取っておきたいところですね!



拍手[3回]

プロフィール

あなたのFXにテクニカル革命を。
HN:
guevaraFX
職業:
大学生 x IT系会社員 x FXトレーダー
自己紹介:
大学の学費をFXで稼ぎつつ、会社員してまっす。


勝率5%UPのメルマガを発行しております。
FXの勝率を今より5%UPさせたい方は今すぐ、ご登録下さい♪

ボリンジャーバンド、ぱっと見テクニカル、ATR、チャネル、一目を使用、順張りを基本にやってます。

よく鼻血出してます。

連絡先:guevaraFX★live.jp
(★を@に変えて下さい)

はてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

参考FX情報サイト

スワップ金利なら
FXの基本的な情報は
ここから探し始めると良いです。
by guevaraFX

閲覧中

ブログ内検索

Copyright ©  -- 初心者流FFFX 革命!ゲリラエントリーズ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]